TOP
>
栄養レシピ&コラム
>
酢の秘めたパワー

酢の秘めたパワー

 酢は、世界中で昔から使われている調味料のひとつです。「疲れたときには酢を飲め」と言われるように、疲労回復は酢の持つ効用の代名詞です。様々な成分を含み、酢の持つ効用はいろいろありますが、未だ知られていないことも多くあります。
*
 その効用にビタミンCの破壊を防ぐ効果があります。ビタミンCはとても壊れやすいのですが、酸性の中だと比較的安定を保つことができます。例えば、きゅうりは“アスコルビナーゼ”という酵素を持っていて、食品中のビタミンCを壊してしまいます。そこで、きゅうり生酢のように、酢を加えることで、ビタミンCの破壊をくい止めることができます。
*
 また、暑い夏には食欲が低下しがちですが、そんな時でも大根おろしやもみじおろしなどは、さっぱりいただけます。その大根おろしにも同様に“アスコルビナーゼ”が含まれているので、酢を加えることをおすすめします。あっさりといただけるだけではなく、ビタミンCを守る心強い味方なのです。
*
 そして、夏の暑い季節に恐い食中毒にも、活躍してくれるのが酢です。その殺菌力・防腐作用は、自然の力とは思えないほど効果を発揮してくれます。刺身やサラダなどにほんの少し酢を加えるだけで傷みにくくなり、冷蔵庫掃除の仕上げに酢を加えた水で拭くとカビ防止になります。なんともたのもしい存在です。
*
 まだまだ秘められた酢のパワー!近頃は、スーパーやデパートに行くと、様々な種類の酢が手に入るようになりました。黒酢・バルサミコ酢・果実酢・ワイン酢・シェリー酢・・・自分好みの酢を探して、疲れた身体を元気にしてあげましょう。