TOP
>
イベントレポート

イベントレポート

当病院のイベントや日常の一コマをお伝えします。

 

 
2018/06/18 栄養レシピ vol.2 夏の料理
 

小冊子『栄養レシピ 夏の料理』を発行しました。

夏バテを防ぐには、しっかり食べることが重要です。レシピを活用し、暑い夏を乗り切りましょう!

(栄養給食課・総務課)

 

 
2018/06/14 梅雨の中休み 今日は中庭散歩!!
 

「外の空気はおいしいね~」

「野菜もよう肥が効いとるよ」

畑を眺めて、ゆっくり時間が流れます。

(リハビリテーション)

 

 
2018/06/09 あさがおネットの完成
 

ナイロンひもで三つ編みしてもらった手作りネットが完成。今日、あさがおネットとしてデビューしました。

三方向から支柱を立てる・・・あぁ~こうやるのかぁと勉強になったスタッフでした。

(リハビリテーション)

 

 
2018/06/06 素敵なプレゼント
 

カラオケ中に患者さんが「私が作ったの・・・」と作業療法士の指に、はめようとしてくださいました。

素材はトイレットペーパー。とても上手にこよってあります。私の中指にぴったりでした。

(リハビリテーション)

 

 
2018/05/30 慰問
 

としとらーズの皆様をお招きし、大正琴やコーラス、マジックショーなどを披露していただきました。

マジックショーでは、会場全体が驚きと笑いに包まれました。コーラスや大正琴では懐かしい歌が流れ、つられて会場からは手拍子が聞こえ、賑やかで楽しい時間が流れていきました。また、コーラスと職員のギターのコラボレーションも盛り上がりました。

(医療相談課)

  

 
2018/05/29 お誕生日、おめでとうございます。
 

病棟で5月生まれの患者さんのお誕生日会をしました。

みんなでギターと一緒に唄ってお祝いしました。

(リハビリテーション)

 

 
2018/05/28 支柱に結んでやりましょう
 

野菜の苗が元気につきました。

「はぁ結んでやらにゃいけんよ。なすびは肥がえっといるよ」

畑での表情は違います。

(リハビリテーション)

 

 
2018/05/25 芋の苗、ついたかなぁ
 

先日植えたさつまいもの苗を患者さんに見ていただきました。

「あー、だいたいついとりますね」

「いったん葉っぱは枯れるけど、茎がしっかりしとります」

「楽しみですねぇ」

この会話にスタッフは一安心。

(リハビリテーション)

 

 
2018/05/22 今日は絶好の芋植え日和
 

「植えてあげるよー」と、たくさんの患者さんが畑に出て作業されました。

「食糧難の時代に作ったもんよ」と思い出されながら、鮮やかな手さばきを披露してくださいました。
さぁ、あまーい芋がたくさんできますように。

(リハビリテーション)

 

 
2018/05/14 作品
 

今月の新作、「舞妓」です。昔の京都旅行を思い出して製作されておられました。鮮やかなスカイブルーのお召し物が素敵ですね。

(副院長)

 

 
2018/05/11 百日草を植えました
 

五月晴れの午後、「土の上を歩くのは気持ちいいね」と言われながら畑へ。草だらけだった花壇の草取り、花の苗を植えました。草取りの手際の良さにびっくりしました。

(リハビリテーション)

 

 
2018/04/27 鎧兜
 

外来待合に鎧兜を飾っております。子供の頃は「実は着られるのではないか」と本気で思ったものです。

大人は常識、子供は正直。心の向くまま自由な発想や疑問質問に、大事に寄り添ってあげてください。

(副院長)

 

 
2018/04/20 きゅうり・花の種まき
 

青空のもと1病棟の患者さんとポットに種をまきました。

「この種は3粒、この種は2粒ずつおとしんさい」と手際よく作業されました。芽が出ますように。

(リハビリテーション)

 

 
2018/04/12 端午の節句
 

桜も新緑の葉を出し始めました。患者さんの作品も5月に向けて模様替えです。

今回は金太郎と武者兜を作成されておられました。子供達の健やかな成長を願います。

(医局)

  

 
2018/04/09 栄養レシピ vol.1 春の料理 
 

当サイト内のコンテンツ「栄養レシピ&コラム」の中から、おすすめの春の料理をピックアップし、小冊子として発行することになりました。

掲載の料理は当病院で提供している病院食をベースに、一般のご家庭でも取り扱いやすい食材・分量にアレンジしています。

小冊子はまもなく発送予定です。1階・外来ロビーにも設置しています。

(栄養給食課・総務課)

 

 
2018/03/22 平成29年度認知症対応研修会の受講
 

島根県邑南町主催の「平成29年度 認知症対応研修会~認知症の方を地域で支えるための専門職の研修会~」が開催されました。今回は当病院の精神科部長 瀬川昌弘が講師を務めることもあり、私も受講しました。この研修会では、日々地域で生活する認知症の方を支えている専門職を対象とし、認知症の基礎知識・対応ポイントの講演だけでなく、日々のかかわりで悩んでいることを講師に直接質問したりと多くの収穫がありました。

(医療相談課)

 

 
2018/03/20 100歳のお祝い
 

1病棟に入院されている患者様(女性)が3月20日に100歳の誕生日を迎えられました。

栄養給食課からはお祝いのフルーツゼリーの盛り合わせのプレゼントがあり、これからも元気で過ごして頂きたいという思いで、スタッフ一同みんなでお祝いをしました。

(1病棟担当ソーシャルワーカー)

 

 

 

2018/03/20 100歳

 

入院患者様で100歳を迎えられた方がおられます。常にお元気という訳では無かったのですが、医療スタッフが連携を取り、ご本人が安穏に過ごせるように関わりを持たせていただきました。ご本人から、いつものように親指でグッドポーズをしていただいて、こちらも嬉しくなりました。「一人一人のライフスタイルに寄り添うように医療を続けていきたい」と改めて感じた1日でした。

(医局)

 

 

 

2018/03/16 お雛様

 

入院患者様の作品です。少し前になりますがお雛様です。絶妙に顔を隠してカメラ目線で微笑む表情はなんとも言えません。

全てお一人で、頭の中のイメージを形にしておられます。

(医局)

 

 

2018/03/14 第17回研究発表大会

 

今年も毎年恒例となっている研究発表大会が行われました。
1年間各部署ごとに取り組んだ研究内容を発表して、審査により優秀な研究発表だった部署には賞が贈られました。

今年度はリハビリテーション部門の『認知症治療病棟におけるPT・OTの連携とは』と題した、理学療法士と作業療法士の連携について考えた研究発表が最優秀賞に輝きました。

今回どの部署も工夫を凝らした研究内容となっており、新たな発見も多く得られたようです。

この研究で得られた成果を職員同士で共有しながら、日頃の業務に活かして行けるよう努めて参りたいと思います。

(病院行事企画委員会)

 

 

2018/03/06 春の新作

 

入院患者様の作品です。毎回趣向を凝らした愛嬌のある作品を作られます。過去の作品も今後ご紹介させていただきます。

(医局)