TOP
>
ごあいさつ

ごあいさつ

院長あいさつ

 

医療法人社団せがわ会 理事長

千代田病院 院長

認知症専門医 

瀬川 芳久

*

地域社会の幸福づくりを

高齢社会の真っ只中にある現代において、認知症や精神障害をもつお年寄りの増加はもちろんのこと、そのお年寄りと一緒に暮らし、介護しているご家族の心身の健康をもむしばつつあるのが現状です。それは、これらの問題を家族間だけで抱え込む時代ではなくなったということを示唆しているのです。これからは適切なケアのノウハウを心得た私たち専門機関が患者さんやそのご家族、そして地域とともにお互いを支え合い、助け合いながら、地域全体の責任として、これらの問題に対処していかなければならない時代です。

私たち千代田病院は北広島町の豊かな自然環境の中で、高齢社会における適切な医療やリハビリ体制の整備をすすめ早期発見、早期治療を通じて、地域社会の幸福づくりに貢献してまいります。
*

地域に密着した医療を

「どこに住んでいても同じ質の治療が受けられる」それは誰もが抱く願いであり、医療の本来あるべき姿でもあります。往診や電話相談、行政の支援対策などにより、地域医療体制を整備しつつありますが、一人暮らしのお年寄りにとって、まだまだ充分とはいえません。

自分たちが住んでいる地域社会の中で、健康維持・増進、適正かつ迅速な治療を受けられる、そんな理想の医療システムづくりを、私たちはこれからも率先して進めていく所存です。
*

"Face to Face"の医療を

人の顔がそれぞれ違うように、患者さんの状態も思いも千差万別です。だから私たちは常に患者さんとご家族で、その人が望むベストな医療とは何なのかを常に話し合いながら、画一的でない、顔がそこに見える、そんな心のかよったケアに努めています。
*

看護部長・事務部長あいさつ

看護部長 村口 弥生

高齢化、多様化した医療の中で様々なストレスをかかえ闘病中の患者さま、それを支えるご家族の期待と信頼に応えていけるよう “患者さま中心” 心の通う看護の実践を目指して、スタッフ一人一人が日々努力を重ねてまいります。

【看護理念】私達は 患者さまに 愛情と責任をもち ぬくもりのある生活環境を提供し いきとどいた看護につとめます
*

事務部長 福間 伸思

千代田病院は地域で唯一の精神科病院として、地域住民のメンタルヘルスをサポートし、入院から在宅まで切れ目のない精神保健・医療・福祉サービスを統合したトータルケアを目指しております。そのお手伝い役として、スタッフ一同、穏やかで優しく、温かいホスピタリティの提供を心掛けてまいります。