TOP
>
栄養レシピ&コラム
>
卵どうふ きのこあんかけ

卵どうふ きのこあんかけ

効果・効能

ダイエット 血液サラサラ
減塩 美容効果
疲労回復 冷え性予防
便秘改善 食欲増進
老化防止 貧血予防
骨粗しょう症予防 高血圧予防
糖尿病予防 動脈硬化予防
脂質異常症予防 高齢者向け

*

材料 (4人分) 

卵・・・4個

かつおだし・・・200ml

塩・・・ひとつまみ

薄口しょうゆ・・・小さじ1/2

しいたけ・・・2枚

ぶなしめじ・・・1/2パック

にんじん・・・2~3ミリ厚の輪切り3枚

(A)

 かつおだし・・・200ml

 薄口しょうゆ・・・大さじ1と1/2

 みりん・・・大さじ1

 塩・・・少々

かたくり粉・・・大さじ1

ねぎの小口切り・・・少々

*

栄養成分(1人分)

エネルギー 106kcal

たんぱく質 7.5g

脂質 5.3g

塩分 1.9g

*

調理時間

30分

*

作り方

【1】 かつおだしに塩と薄口しょうゆを加えて混ぜる。溶きほぐした卵と合わせて、目の小さいザルなどで漉しながら、流し缶に注ぎ入れる。

*

【2】 【1】を蒸気の上がった蒸し器に入れふたをする(水滴が落ちないよう、ふたの間にぬらした布巾をはさむ。)弱めの中火で約10分蒸す。

*

【3】 しいたけとにんじんはせん切り、ぶなしめじは小房に分ける。かたくり粉は大さじ2の水と合わせ、水溶きかたくり粉を作っておく。

*

【4】 なべに(A)と、しいたけ、ぶなしめじ、にんじんを入れて中火にかける。にんじんがやわらかくなるまで5~6分煮る。水溶きかたくり粉を、よく混ぜ合わせてから注ぎ入れ、とろみをつける。

*

【5】 【2】の卵どうふを切り分けて器に盛り、【4】のきのこあんをかけ、ねぎの小口切りをのせる。

*

ポイント

★ 卵と合わせるかつおだしは、ひと肌に冷ましてから、熱いと卵が固まってしまいます。

★ 卵どうふの基本は、卵とかつおだしが1:1です。バットなどでも代用できますが、流し缶があると取り出しやすく、仕上がりがきれいです。

★ 強火で一気に蒸したり、時間が長いと"す"が入るので、様子を見ながら、押さえて弾力があり、竹串を刺してみて、卵液が出てこなければ蒸し上がりです。

★ きのこは他にも、えのきだけやなめこなどもよいです。