TOP
>
栄養レシピ&コラム
>
ふきとがんもどきの煮付け

ふきとがんもどきの煮付け

効果・効能

ダイエット 血液サラサラ
減塩 美容効果
疲労回復 冷え性予防
便秘改善 食欲増進
老化防止 貧血予防
骨粗しょう症予防 高血圧予防
糖尿病予防 動脈硬化予防
脂質異常症予防 高齢者向け

*

材料 (4人分) 

ふき・・・3本(約250g)

にんじん・・・1/2本

がんもどき・・・中4個

干ししいたけ・・・3枚

砂糖・・・大さじ2

うすくちしょうゆ・・・大さじ2

みりん・・・小さじ2

酒・・・小さじ2

*

栄養成分(1人分)

エネルギー 164kcal

たんぱく質 8.5g

脂質 8.9g

塩分 1.8g

*

調理時間

40分

*

作り方

【1】 ふきは、なべの大きさに合わせて長さを切り、水洗いする。まな板の上に置き、塩大さじ1(分量外)を振り、手の平で上下にころがす(板ずり)。沸騰している湯の中に、塩がついたままのふきを入れ、3分ゆでる。

*

【2】 たっぷりの水にとり、皮をむき、4~5cm長さに切る。太い部分はたてに割る。

*

【3】 にんじんは5mm厚さの輪切りにする。干ししいたけは戻して、4つ割りにする。(戻し汁はとっておく。)

*

【4】 がんもどきはザルに並べ、熱湯を回しかけて、油抜きをする。

*

【5】 なべに、【2】【3】【4】を入れ、干ししいたけの戻し汁と水をひたひたに加えて火にかける。沸騰したら砂糖と酒を加え、落としぶたをして、弱めの中火で5分煮る。

*

【6】 うすくちしょうゆ、みりんを加え、さらに10~15分煮る。(途中で上下を返す。)

*

ポイント

★ 独特の香りとほろ苦さが持ち味のふき、春になるとスーパーなどに並びます。ぜひ生のふきの下処理をおぼえて、季節の味を楽しみましょう。

★ がんもどき以外にも、厚揚げや鶏肉などでもおいしくできます。