TOP
>
栄養レシピ&コラム
>
栄養レシピ&コラム 2012年公開分
>
山菜おこわ&おろしかき玉汁

山菜おこわ&おろしかき玉汁

効果・効能

ダイエット 血液サラサラ
減塩 美容効果
疲労回復 冷え性予防
便秘改善 食欲増進
老化防止 貧血予防
骨粗しょう症予防 高血圧予防
糖尿病予防 動脈硬化予防
脂質異常症予防 高齢者向け

*

材料 (4~5人分) 

山菜おこわ

もち米・・・2.5合

米・・・0.5合

山菜の水煮(ミックスタイプ)・・・150g

油揚げ・・・1/3枚

ぶなしめじ・・・1/2パック

にんじん・・・1/4本

サラダ油・・・小さじ1

水・・・550ml

(A)

 しょうゆ・・・大さじ1

 砂糖・・・大さじ1

 みりん・・・小さじ2

 塩・・・小さじ1

*

おろしかき玉汁

だし汁・・・600ml

塩・・・小さじ1/2強

薄口しょうゆ・・・大さじ1

かたくり粉・・・大さじ1

大根・・・150g

卵・・・2個

青ねぎ・・・1本

*

栄養成分(1人分)

山菜おこわ

エネルギー 402kcal

たんぱく質 7.8g

脂質 2.6g

塩分 1.7g

*

おろしかき玉汁

エネルギー 54kcal

たんぱく質 4.0g

脂質 2.6g

塩分 1.5g

*

調理時間

45分(炊飯時間は除く。)

*

作り方

山菜おこわ

【1】 もち米と米を合わせて研ぎ、ザルに上げて20分おく。

*

【2】 油揚げ、にんじんは2cm長さのせん切り、ぶなしめじは小房に分ける。山菜漬けはザルに上げて水気をきる。

*

【3】 フライパンにサラダ油を入れ中火にかける。温まってきたら【2】を加えて炒め合わせ、全体に油が回ってしんなりしたら、火からおろし粗熱をとる。

*

【4】 炊飯器の内釜に米と水、(A)を加えてひと混ぜする。【3】の具を上にのせて炊飯する。

*

【5】 炊き上がったら、しゃもじで全体を軽く混ぜ器に盛る。

*
おろしかき玉汁

【1】 大根はすりおろして、軽く水気をきる。青ねぎは小口切りにする。

*

【2】 卵は溶きほぐしておく。かたくり粉は大さじ2の水と合わせ、水溶きかたくり粉を作る。

*

【3】 なべにだし汁を温め、塩と薄口しょうゆを加える。沸騰したら弱火にして、水溶きかたくり粉をもう一度よく混ぜてから加え、お玉でゆっくり混ぜてとろみをつける。

*

【4】 沸騰してきたら、大根おろしを加える。

*

【5】 再び沸騰してきたら、溶き卵を回し入れ半塾程度に固まったら火を止め、青ねぎを加える。

*

ポイント

★ もち米と米は合わせて3合に、水加減は普通より2割程度減らします。炊飯器におこわモードがあれば、それに合わせるとよいでしょう。

★ おもてなしでは重箱などに入れ、錦糸卵や切りのりをのせると見栄えがします。

★ おろしかき玉汁は大根おろしと卵のふんわり感が子供から高齢者まで美味しくいただけます。水溶きかたくり粉、大根おろし、溶き卵の順に、グラグラと煮立てないよう、やさしく加えましょう。