TOP
>
栄養レシピ&コラム
>
グリンピースの卵とじ

グリンピースの卵とじ

効果・効能

ダイエット 血液サラサラ
減塩 美容効果
疲労回復 冷え性予防
便秘改善 食欲増進
老化防止 貧血予防
骨粗しょう症予防 高血圧予防
糖尿病予防 動脈硬化予防
脂質異常症予防 高齢者向け

*

材料 (4人分) 

生グリンピース・・・正味120g

(A)

 だし汁・・・200ml

 砂糖・・・小さじ1

 うすくちしょうゆ・・・大さじ1

 塩・・・ひとつまみ

 酒・・・小さじ2

 みりん・・・小さじ2

卵・・・2個

*

栄養成分(1人分)

エネルギー 86kcal

たんぱく質 5.9g

脂質 3.0g

塩分 1.1g

*

調理時間

15分

*

作り方

【1】 なべに湯をわかし、塩を適宜(分量外)加える。沸騰しているところに生グリンピースを入れ、3分ゆでてザルに上げる。卵は溶きほぐしておく。

*

【2】 なべに(A)を合わせて中火にかける。沸騰したらグリンピースを加え3分煮る。

*

【3】 溶き卵をゆっくりと回し入れ、再び沸騰してきたら火を止め、ふたをして30秒~1分、好みのやわらかさに蒸らす。汁ごと器に盛付ける。

*

ポイント

★ グリンピースはえんどう豆の未熟果、缶詰や冷凍は一年中あるが、春から初夏にかけての生のさわやかな香りと味は格別。むき身は皮がかたくなっているので、できればさや入りを購入して。

★ グリンピースは、でんぷん、たんぱく質、カリウム、亜鉛、ビタミンB群が豊富。卵と合わせる
ことで、さらに栄養価がアップ。子供から高齢者までおすすめの一品です。