TOP
>
栄養レシピ&コラム
>
チンゲン菜と牛肉の炒め物

チンゲン菜と牛肉の炒め物

効果・効能

ダイエット 血液サラサラ
減塩 美容効果
疲労回復 冷え性予防
便秘改善 食欲増進
老化防止 貧血予防
骨粗しょう症予防 高血圧予防
糖尿病予防 動脈硬化予防
脂質異常症予防 高齢者向け

*

材料 (2人分)

チンゲン菜・・・1袋(250g)

ぶなしめじ・・・1/2パック

にんじん・・・50g

牛薄切り肉(もも脂身つき)・・・100g

酒・・・小さじ1

こしょう・・・少々

小麦粉・・・大さじ1

にんにくのみじん切り・・・1片分

サラダ油・・・小さじ2

(A)

 オイスターソース・・・大さじ1

 しょうゆ・・・小さじ1

 みりん・・・小さじ1

 酒・・・小さじ1

*

栄養成分(1人分)

エネルギー 197kcal

たんぱく質 13.6g

脂質 9.3g

塩分 1.7g

*

調理時間

30分

*

 

 
*

作り方

【1】 牛肉は大きめの一口大に切り、酒とこしょうを振り10分おく。(A)を合わせておく。

*

【2】 チンゲン菜は葉を1枚ずつはがして、外側の大きめの葉は半分に切り、さらに葉の部分は2つに、茎の部分はたてに2つに切る。内側の小さい葉は、芯の部分からたて4つ割りにする。

*

【3】 ぶなしめじは小房に分ける。にんじんはたて半分にして、3mm厚さの薄切りにする。

*

【4】 牛肉を広げ、小麦粉を茶こしで薄くまぶしつける。

*

【5】 フライパンにサラダ油小さじ1とにんにくのみじん切りを入れて中火にかける。牛肉を広げて入れ両面を焼き、いったん取り出す。

*

【6】 同じフライパンに残りのサラダ油を加え、中火でにんじん、ぶなしめじを炒める。全体に油が回ったら火加減を強め、チンゲン菜の茎の部分を加えてひと炒めし、葉の部分も加える。

*

【7】 チンゲン菜の緑色が鮮やかになり、しんなりしてきたら、牛肉を戻し入れ(A)を加えて手早く炒め合わせる。

*

ポイント

★ チンゲン菜はもっともポピュラーな中国野菜です。カロテン、ビタミンC・E、カルシウム、鉄分などが豊富で、抗酸化作用があり、生活習慣病予防におすすめの食材です。アクが少ないので、下ゆでいらず、和風、洋風料理を問いません。

★ チンゲン菜のシャキシャキ感を生かし、また牛肉が固くならないよう、手早く炒めましょう。