TOP
>
栄養レシピ&コラム
>
栄養レシピ&コラム 2013年公開分
>
揚げ里芋のゆず塩&のり塩

揚げ里芋のゆず塩&のり塩

効果・効能

ダイエット 血液サラサラ
減塩 美容効果
疲労回復 冷え性予防
便秘改善 食欲増進
老化防止 貧血予防
骨粗しょう症予防 高血圧予防
糖尿病予防 動脈硬化予防
脂質異常症予防 高齢者向け

*

材料 (6人分)

里芋・・・8個

かたくり粉・・・大さじ4

揚げ油・・・適宜

(ゆず塩)

 ゆず・・・1/2個

 塩・・・小さじ1/3

(のり塩)

 青のり・・・小さじ1

 塩・・・小さじ1/3

*

栄養成分 (1人分)

エネルギー 117kcal

たんぱく質 1.0g

脂質 6.7g

塩分 0.6g

*

調理時間

40分

*

作り方

【1】 里芋は皮をむき、4個は横に1cm厚さの輪切りにする。残りはたて半分にし、さらにたてに3~4等分に切り、水に5分~10分さらす。

*

【2】 ゆずの皮をすりおろす。

*

【3】 沸騰した湯に里芋を入れ、2~3分ゆでてザルに上げ、ざっと水洗いしぬめりを取る。ペーパータオルで水気をふき取る。

 

*

【4】 ポリ袋に里芋とかたくり粉を半量ずつ入れ、振り混ぜてまぶす。

*

【5】 170℃に熱した油に里芋を入れる。やわらかくなり表面がカリッとするまで7~8分揚げて油をきる。

*

【6】 熱いうちに輪切りの里芋にはゆずと塩、もう一方に青のりと塩をまぶす。

 

*

ポイント

★ 里芋の主成分はでんぷん質ですが、いも類の中ではいちばん低カロリーです。カリウムを多く含み、高血圧予防などに効果があります。

★ 里芋のぬめり成分は、ガラクタンという糖質とたんぱく質が結合したもので、脳細胞を活性化させ、免疫力を高める効果があるといわれています。

★ ゆずや青のりの香りで、塩分控えめでも美味しく食べられます。