TOP
>
栄養レシピ&コラム
>
栄養レシピ&コラム 2014年公開分
>
菜の花とゆで卵のサラダ

菜の花とゆで卵のサラダ

効果・効能

ダイエット 血液サラサラ
減塩 美容効果
疲労回復 冷え性予防
便秘改善 食欲増進
老化防止 貧血予防
骨粗しょう症予防 高血圧予防
糖尿病予防 動脈硬化予防
脂質異常症予防 高齢者向け
*

材料(4人分)

菜の花(なばな)・・・1把(200g)

卵・・・2個

(A)

 マヨネーズ・・・大さじ4

 練り辛子・・・小さじ1/3

 しょうゆ・・・小さじ1

 塩・・・ひとつまみ

*

栄養成分(1人分)

エネルギー 160kcal

たんぱく質 5.8g

脂質 13.5g

塩分 0.9g

*

調理時間

30分

*

作り方

【1】 小なべに卵とかぶるくらいの水を入れて火にかける。沸騰したら中火にし、10分ゆでて水にさらす。冷めたら殻をむき、一口大に切る。

*

【2】 菜の花は2~3cm長さに切る。根元が太くて硬いようなら、たて半分に切る。沸騰した湯に塩(分量外)を適量加え、菜の花の茎の部分を入れる。10~20秒おいて残りの菜の花を加え、さらに30秒~1分ゆでてザルにあげ、流水にさらす。粗熱がとれたら軽く絞る。

*

【3】 ボウルに(A)を合わせ、ゆで卵と菜の花を加えて和える。

*

ポイント

★ なばなのつぼみと花茎、若葉を食用の菜の花と呼び、カロテンやビタミンB1、B2、Cなどや、カルシウム、鉄などのミネラル類を含む、緑黄色野菜です。とくに多いビタミンCは、体の抵抗力を高め、風邪や貧血予防に効果があります。

★ 湿らせたキッチンペーパーに包んで、冷蔵庫で2~3日は日持ちしますが、花が咲き始めると味が落ちるので、早めに食べましょう。