TOP
>
栄養レシピ&コラム
>
栄養レシピ&コラム 2015年公開分
>
ピーマンのきんぴら

ピーマンのきんぴら

効果・効能

ダイエット 血液サラサラ
減塩 美容効果
疲労回復 冷え性予防
便秘改善 食欲増進
老化防止 貧血予防
骨粗しょう症予防 高血圧予防
糖尿病予防 動脈硬化予防
脂質異常症予防 高齢者向け

*

材料(4人分)

ピーマン・・・8個

にんじん・・・1/3本

板こんにゃく・・・30g

ごま油・・・小さじ2

砂糖・・・大さじ1

しょうゆ・・・大さじ1と1/3

みりん・・・小さじ2

酒・・・小さじ2

黒すりごま・・・小さじ2

七味・・・少々

*

栄養成分(1人分)

エネルギー 68kcal

たんぱく質 1.4g

脂質 2.8g

塩分 0.9g

*

調理時間

15分

*

作り方

【1】 ピーマンはたて半分にして種を取り、たてに5mm幅のせん切りにする。

*

【2】 にんじんは2~3mm幅のせん切りにする。板こんにゃくも同様にせん切りにする。

*

【3】 フライパンにごま油を入れて中火にかける。温まってきたらピーマン、にんじん、板こんにゃくを加えて炒める。

*

【4】 全体に油が回り、しんなりしてきたら、砂糖、しょうゆ、みりん、酒を加えてさらに炒める。

*

【5】 煮汁がほぼなくなったら、黒すりごまと七味を振り入れ混ぜ合わせる。

*

ポイント

★ ピーマンは加熱に比較的強いビタミンCやカロテンを豊富に含んでいます。

★ ピーマンの細胞はたて方向に並んでいます。横に切ると細胞が壊れて青臭さが出るので、たてに切る方が苦手な人には食べやすくなります。また独特の苦みやにおいは、加熱することで軽減します。