TOP
>
栄養レシピ&コラム
>
春の五目ちらし寿司

春の五目ちらし寿司

効果・効能

ダイエット 血液サラサラ
減塩 美容効果
疲労回復 冷え性予防
便秘改善 食欲増進
老化防止 貧血予防
骨粗しょう症予防 高血圧予防
糖尿病予防 動脈硬化予防
脂質異常症予防 高齢者向け

*

材料(6人分)

米・・・3合

ゆでたけのこ・・・中1/2個

ふき(ゆでたもの)・・・60g

にんじん・・・1/3本

干ししいたけ・・・1枚

油揚げ・・・1/3枚

砂糖・・・大さじ1

しょうゆ・・・大さじ1と1/2

みりん・・・小さじ2

酒・・・小さじ2

卵・・・2個

サラダ油・・・小さじ1

桜でんぶ・・・大さじ1

切りのり・・・適宜

木の芽・・・適宜

(A)

 酢・・・大さじ5

 砂糖・・・大さじ2

 塩・・・小さじ1と1/2

*

栄養成分(1人分)

エネルギー 348kcal

たんぱく質 8.4g

脂質 3.1g

塩分 2.1g

*

調理時間

40分(米を炊く時間は除く。)

*

作り方

【1】 米を研ぎ炊飯器の内釜に入れ、水を3合の目盛りよりやや少なめに入れ、30分浸漬させ炊飯す
る。

*

【2】 小さめの耐熱容器に(A)を入れラップをして、電子レンジ600Wで約30秒加熱、取り出してよく混ぜ、合わせ酢を作る。

*

【3】 ゆでたけのこはやや小さめの短冊切り、ふきは5mm厚さの小口切りにする。干ししいたけはぬるま湯につけて戻し、短めのせん切りにする。にんじん、油揚げも短めのせん切りにする。

*

【4】 【3】をなべに入れ、干ししいたけの戻し汁と水をひたひたまで加えて中火にかける。沸騰してきたら砂糖、しょうゆ、みりん、酒を加え、ほぼ煮汁がなくなるまで煮る。

*

【5】 卵を溶きほぐす。フライパンにサラダ油をひいて温め、うす焼き卵を作る。5cm長さの細切りにして錦糸卵にする。

*

【6】 炊き上がったご飯をボウル(あれば寿司桶)に取り、合わせ酢を回し入れ、しゃもじで切るように混ぜる。うちわであおいで余分な水分をとばして粗熱をとる。

*

【7】 【4】の具をザルに上げて煮汁をきってから、寿司飯に加えて、全体にざっくりと混ぜ合わせる。

*

【8】 【7】を器に盛り、錦糸卵を散らし、桜でんぶ、切りのり、木の芽を飾る。

*

ポイント

★ おもてなしやお弁当には、ちらし寿司を型で抜き、飾りつけをすると華やかで見栄えがします。