TOP
>
栄養レシピ&コラム
>
栄養レシピ&コラム 2017年公開分
>
白菜と牛肉の炒め物

白菜と牛肉の炒め物

効果・効能

ダイエット 血液サラサラ
減塩 美容効果
疲労回復 冷え性予防
便秘改善 食欲増進
老化防止 貧血予防
骨粗しょう症予防 高血圧予防
糖尿病予防 動脈硬化予防
脂質異常症予防 高齢者向け

*

材料(2人分)

牛肩ロースうす切り肉・・・80g

白菜・・・3~4枚

にんじん・・・30g

青ねぎ・・・1本

しょうがのうす切り・・・3~4枚

にんにく・・・1/2片

ごま油・・・大さじ1

豆板醤・・・小さじ1/4

(A)

 鶏ガラスープの素・・・小さじ1/2

 塩・・・ひとつまみ

 しょうゆ・・・小さじ2

 酒・・・小さじ2

 こしょう・・・少々

 水・・・大さじ1

 かたくり粉・・・小さじ2

*

栄養成分(1人分)

エネルギー 210kcal

たんぱく質 9.2g

脂質 13.8g

塩分 1.7g

*

調理時間

30分

*

作り方

【1】 牛肉は一口大に切る。(A)を合わせておく。

*

【2】 白菜の芯の部分は2cm幅のそぎ切り、葉の部分はざく切りにする。

*

【3】 にんじんはたて半分にし、さらにたてに2mm厚さに切る。

*

【4】 青ねぎは2cm長さ、しょうがはせん切り、にんにくはみじん切りにする。

*

【5】 フライパンにごま油、豆板醤、しょうが、にんにくを入れ中火にかける。温まり香りが出てきたら牛肉を加えて炒める。

*

【6】 牛肉の色が白っぽくなったら白菜の芯の部分、にんじんを加え、火力をやや強めにして炒め合わせる。

*

【7】 白菜の葉を加えてさらに炒め合わせ、しんなりしてきたら(A)をよく混ぜてから加え、全体にからめるように炒める。

*

【8】 とろみがついてきたら、青ねぎを加えてひと混ぜする。

*

ポイント

 白菜の大部分は水分ですが、比較的ビタミンCが多く含まれます。にんにく、しょうがなどの薬味と一緒に炒め、とろみをつけて冷めにくくして食べれば体の中から温まります。

 白菜はしっかり炒めてとろりとやわらかく、またはさっと炒めてシャキッと、炒め加減はお好みでどうぞ。