TOP
>
栄養レシピ&コラム
>
カジキのチーズピカタ

カジキのチーズピカタ

効果・効能

ダイエット 血液サラサラ
減塩 美容効果
疲労回復 冷え性予防
便秘改善 食欲増進
老化防止 貧血予防
骨粗しょう症予防 高血圧予防
糖尿病予防 動脈硬化予防
脂質異常症予防 高齢者向け

*

材料(2人分)

カジキの切り身・・・2切れ

塩・・・ひとつまみ

こしょう・・・少々

小麦粉・・・大さじ1と1/2

卵・・・1個

粉チーズ・・・大さじ1

パセリ・・・1枝

マーガリン・・・小さじ1

サラダ油・・・小さじ1

*

栄養成分(1人分)

エネルギー 255kcal

たんぱく質 23.5g

脂質 14.1g

塩分 0.9g

*

調理時間

30分

*

作り方

【1】 カジキに塩、こしょうをして10分おく。

*

【2】 パセリはみじん切りにする。

*

【3】 ボウルに卵を溶きほぐし、粉チーズ、パセリのみじん切りを混ぜる。

*

【4】 カジキの水気をふいて、小麦粉をまぶす。

*

【5】 フライパンにマーガリンとサラダ油を入れて中火にかける。温まってきたら、カジキを【3】の卵液にくぐらせて並べ入れる。残った卵液は上からかける。

*

【6】 やや弱めの中火にし、ふたをして3~4分焼く。卵液が固まって焼き色がついたらひっくり返し、さらに3~4分焼いて取り出す。

*

ポイント

 卵液が魚にしっかりついて流れないよう、小さめのフライパンを使うときれいに仕上がります。

 メカジキの旬は秋から冬で、身はうすいピンク色、白っぽいものは脂のりがよく、焼き物や揚げても美味しいです。マカジキの旬は冬から春で、脂肪が少なめで、刺し身はマグロに匹敵する美味しさといわれます。今回はメカジキを使いました。