TOP
>
栄養レシピ&コラム
>
サワラの塩麹焼き

サワラの塩麹焼き

効果・効能

ダイエット 血液サラサラ
減塩 美容効果
疲労回復 冷え性予防
便秘改善 食欲増進
老化防止 貧血予防
骨粗しょう症予防 高血圧予防
糖尿病予防 動脈硬化予防
脂質異常症予防 高齢者向け

*

材料(2人分)

サワラの切り身・・・2切れ

塩麹・・・大さじ1と1/2

しょうゆ・・・小さじ1/2

酒・・・小さじ1

しょうが汁・・・小さじ1/2

*

栄養成分(1人分)

エネルギー 144kcal

たんぱく質 14.5g

脂質 6.9g

塩分 1.8g

*

調理時間

15分(漬け込む時間は除く。)

*

作り方

【1】 サワラの水気をふいて、ポリ袋に入れる。

*

【2】 塩麹、しょうゆ、酒、しょうが汁を合わせて、【1】のポリ袋に入れてサワラにまぶす。ポリ袋の空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫で2時間~半日ほど漬け込む。

*

【3】 フライパンにホイルシート(またはクッキングシート)を敷いて、漬け込んだサワラの塩麹を軽くぬぐい取り並べる。

*

【4】 フライパンを中火にかけ、ふたをして5~6分焼く。裏返してさらに3~4分焼く。

*

ポイント

 塩麹漬けはこげやすいので火加減に注意しましょう。今回はフライパンにホイルシートを敷きました、くっつかずきれいに焼き上がります。クッキングシートでも代用でき、みそ漬けなどこげやすいものに使うと便利です。

 秋から春にかけてが旬のサワラ、とくに瀬戸内海では春告げ魚と呼ばれ、春がもっとも獲れる時期になります。たんぱく質豊富で、ほどよくのった脂が、焼き物や煮物にすると美味しいです。