TOP
>
栄養レシピ&コラム
>
春キャベツと菜の花の煮浸し

春キャベツと菜の花の煮浸し

効果・効能

ダイエット 血液サラサラ
減塩 美容効果
疲労回復 冷え性予防
便秘改善 食欲増進
老化防止 貧血予防
骨粗しょう症予防 高血圧予防
糖尿病予防 動脈硬化予防
脂質異常症予防 高齢者向け

*

材料(4人分)

春キャベツ・・・200g

菜の花(なばな)・・・50g

たまねぎ・・・40g

ベーコン・・・30g

(A)

 だし汁・・・100ml

 うすくちしょうゆ・・・大さじ1

 みりん・・・小さじ2

 酒・・・小さじ2

 塩・・・ひとつまみ

 

栄養成分(1人分)

エネルギー 63kcal

たんぱく質 2.7g

脂質 3.1g

塩分 1.2g

*

調理時間

20分

*

作り方

【1】 キャベツはざく切りにする。芯の部分はうす切りにする。

*

【2】 菜の花は2~3cmに切る。茎が太くてかためだったら、たて半分にする。

*

【3】 たまねぎはうす切りにする。ベーコンは1cm幅に切る。

*

【4】 なべに(A)を合わせてキャベツ、たまねぎ、ベーコン、菜の花の順に入れる。

*

【5】 ふたをして中火にかける。沸騰してきたら5~6分蒸し煮にする。

 

【6】 キャベツがしんなりしたら全体を混ぜ、ふたをして数分、好みのやわらかさになるまで蒸し煮にする。

*

ポイント

 早春に出回るキャベツはやわらかく、みずみずしいのが特徴。加熱すると甘味があって美味しく、またサラダなど生食にも向いています。

 菜の花にはβ-カロテン、ビタミンC、B1、B2などや、カルシウム、鉄などのミネラル類も豊富に含まれます。つぼみの開いていないものを選んで、鮮度が落ちやすいので早めに使いましょう。