TOP
>
栄養レシピ&コラム
>
揚げ白身魚の甘酢煮

揚げ白身魚の甘酢煮

効果・効能

ダイエット 血液サラサラ
減塩 美容効果
疲労回復 冷え性予防
便秘改善 食欲増進
老化防止 貧血予防
骨粗しょう症予防 高血圧予防
糖尿病予防 動脈硬化予防
脂質異常症予防 高齢者向け

*

材料(4人分)

白身魚(バサ)の切り身・・・300g

塩・・・小さじ1/3

酒・・・小さじ2

しょうが汁・・・小さじ1

かたくり粉・・・大さじ4

揚げ油・・・適宜

白ねぎ・・・1/2本

しょうがのうす切り・・・3~4枚

(A)

 水・・・150ml

 砂糖・・・大さじ1

 酢・・・大さじ1と1/2

 ウスターソース・・・小さじ2

 ケチャップ・・・大さじ2

*

栄養成分(1人分)

エネルギー 231kcal

たんぱく質 15.2g

脂質 11.5g

塩分 1.1g

*

調理時間

40分

*

作り方

【1】 魚は2~3cmの角切りにし、塩、酒、しょうが汁を振り10分おく。

*

【2】 白ねぎはたて半分にし、5mm厚さの斜め切りにする。しょうがはせん切りにする。

*

【3】 魚の水気をキッチンペーパーでおさえる。ポリ袋にかたくり粉を入れ魚を加えて、ポリ袋を振ってまぶす。

*

【4】 揚げ油を175℃に熱し、【3】の魚を返しながら、からっとするまで5~6分揚げ、取り出して油をきる。

*

【5】 フライパンに(A)を加えて中火にかける。混ぜながら沸騰してきたら、白ねぎ、しょうがを加えてひと混ぜする。

*

【6】 揚げた魚を加え、全体にからめるように混ぜ合わす。 

*

ポイント

 今回はバサ(ナマズの一種)という白身魚を使いました。東南アジアではよく食べられている魚で、日本にも輸入され、市販のお弁当のフライなどに調理されています。ここ数年、スーパーなどで切り身を見かけるようになりました。クセのない白身はフライやムニエルなどにすると美味しいです。

 甘酢煮にすることで、衣がやわらかく、子供や高齢者でも食べやすくなります。