TOP
>
栄養レシピ&コラム
>
サバのおろし煮

サバのおろし煮

効果・効能

ダイエット 血液サラサラ
減塩 美容効果
疲労回復 冷え性予防
便秘改善 食欲増進
老化防止 貧血予防
骨粗しょう症予防 高血圧予防
糖尿病予防 動脈硬化予防
脂質異常症予防 高齢者向け

*

材料(4人分)

マサバの切り身・・・4切れ

しょうがのうす切り・・・3~4枚

大根・・・200g

青ねぎ・・・1本

(A)

 水・・・100ml

 砂糖・・・大さじ1

 しょうゆ・・・大さじ2

 みりん・・・小さじ2

 酒・・・大さじ2

*

栄養成分(1人分)

エネルギー 191kcal

たんぱく質 13.4g

脂質 10.2g

塩分 1.5g

*

調理時間

30分

 

作り方

【1】 サバは皮に切り目を入れる。

*

【2】 大根はすりおろす。青ねぎは小口切り、しょうがはせん切りにする。

*

【3】 フライパンに(A)を入れ中火にかける。沸騰してきたら、しょうがとサバの皮目を上にして並べ入れる。

*

【4】 落としぶた(クッキングシートやアルミホイルでもよい)をして5分煮る。

*

【5】 落としぶたをはずし、煮汁をスプーンでかけながらさらに5分煮る。

 

【6】 大根おろしの水気を軽く絞って加え、2~3分煮る。

 

【7】 器にサバを盛り、大根おろしを煮汁ごとかけ、青ネギを散らす。

*

ポイント

 サバの脂質には、血中コレステロール値を下げる効果のあるDHAやEPAなどが豊富に含まれます。

 大根は葉に近い上の方が甘く、先端にいくほど辛味が強くなります。好みもありますが、上の方や真ん中がおろし向きです。辛味の強い先端は薬味などに向いています。